オフショア開発全般基礎情報

オフショア開発とは?

 ソフトウェア開発の原価のほとんどは、人件費で占められます。したがって、人件費の安価な国で開発を行えば、コストが安く抑えられます。オフショア開発 Offshore Development)とは、人件費が安価な海外に開発拠点をシフトしたり、海外のパートナーに開発委託(アウトソーシング)すること、すなわち海外パートナー、海外現地法人へのソフトウェア開発業務のアウトソーシングを行うことを言います。

 ソフトウェアの世界でも、衣料品や電化製品と同様に、海外で生産して、日本で消費する、ソフトウェアで言えば、いわばオフショア開発が一般化しつつあります。

 日本から見たオフショア開発の主な相手国は、インド、中国が中心ですが、最近は、ベトナム等をオフショア開発拠点として活用あるいはトライしている企業も増えつつあります。

 従来、コスト重視のオフショア開発が主流でしたが、最近は、人的リソース確保、品質、技術という面からもオフショア開発が注目されつつあります。今後、益々そういった傾向が顕著になっていくと予想します。(注)経済情勢や各社の事業戦略等により、オフショア開発の目的は、絶えず変化します。現在は、世界的な金融危機、世界規模の経済危機により、コスト重視のオフショア開発が主流。

 インドは、ソフトウェアの輸出大国で、海外への輸出が占める割合が高い傾向にあります。輸出先は、日本ももちろんありますが、米国、欧州が中心です。

 一方、中国は、輸出のみならず、国内のソフトウェア開発需要も非常に大きいのが特徴です。また、中国のソフトウェア輸出先は、日本が最大の輸出相手国です。

 オフショア開発は、国内のパートナーと取引する場合と比較すると、文化、価値観、習慣、言葉等の壁があり、思うように開発業務を遂行できずに、納期や品質におけるトラブルが発生するリスクもありますが、これらを乗り越え、大きなメリットを創出している企業も数多く存在します。

ページトップへ